FC2ブログ
SG-17TTA

静岡県のお客様より、かなり古いトゥイーターが修理にやってまいりました。

SG-17TTA です。


17TTArakka2.jpg


外観の特徴から、当初は SG-17P として製造されたものと

思われます。1970年頃、あるいは更に以前の製造品でしょうか?

およそ半世紀ほどを経過したユニットと思われます。


当初このユニットは、磁気ギャップにパーメンジュールを使用した磁気回路

これは変わりませんが、

ジュラルミンの振動版、現在のものより一回り大きい

カットオフ周波数2000Hzのホーンを備えていたものと思われます。


これをチタンの振動版に交換し、

ホーンもカットオフ周波数2500Hzのものと交換して

現在に至っているものと思われます。



写真をご覧になってお気づきになりますでしょうか?

左側にユニットに、目立った凹みが御座います。


17TTArakka1.jpg


こちらのオーナー様、誤ってユニットを落下させてしまったとの事で、

その為、磁気回路がズレて、磁気ギャップが変形してしまって

ボイスコイルが挟まってしまってました。


幸いなことに振動版には大きな損傷は有りませんでしたので

磁気回路のズレを修復し、ボイスコイル交換、エッジの修正を施して

無事に蘇らせることが出来ました。


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する