FC2ブログ
SG-16TT 修理

トゥイーター SG-16TT が修理にやって参りました。

16TT1.jpg

1980年代 中頃の製造品と思われます。


このスピーカーユニット、壊れ方がちょっと酷かったので、、、

中身をお見せします。


16TT4.jpg

片側は ダイヤフラムが 凹んで ボイスコイル、エッジも損傷



16TT3.jpg

もう片側は 御覧の通りダイヤフラムがちょっと不思議な状態に?



16TT2.jpg

裏から見るとこんな状態でした。


チタンダイヤフラムが破けて穴が開いてしまっています。

そこにアルミの薄膜を貼付けて修復? を試みたようです。


チタン振動板の破れ方、穴の開き方を見ると

穴の淵がちぢれたようになっています。

どうやら熱が掛かっているようです。

ボイスコイルの断線を、ハンダ付けで修復を試みたのか?

その際に半田ごての先端で誤って突き破ってしまったのか?

あるいは溶けたハンダを垂らしてしまったのか?


定かでは有りませんが、分解して修理を試みた結果が?


修理品の中には、たまにこういった 修復を試みた痕跡の有るものや

分解して 加工? 改造? をされたものに出会う事が有りますが

今回の事例は、ちょっと? 驚きを隠せません(笑)


御覧の通りの大変重篤な故障内容でしたが、

ダイヤフラム交換を施して復活させる事が出来ました。


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する