FC2ブログ
SGー555P 

前回記事の SG-17S よりも更に古い

ドライバーユニットがやって参りました。 SG-555P です。

130mmφのアルニコリングマグネット、

磁気ギャップにはパーメンジュールを使用しています。

振動板はアルミ製で、製造された当初は 

ウエスタンエレクトリックの WE-555 と同様の

タンジェンシャル型のエッジだったモノと思われます。

後に、FRPエッジに改造されたものです。

SG555.jpg


このユニットも製造時期の異なる2台のようです。

よく見ると、それぞれの塗装色とメッキが違っています。

調べました所、片方は 1967年の製造 と分かりました。

もう片方も恐らくその前後? かと推測されます。

世に出てから 51年 半世紀を越えたドライバーユニットです。


アルミの振動板が経年劣化により、酸化、腐食してしまい

亀裂が入って、穴が空いていました。

これはもうダイヤフラムの交換が必要な状態でした。

お客さまとご相談を致しまして

これを機会にチタンの振動板に交換致しました。

半世紀を越えたドライバーユニットが新しいチタンの振動板を得て

再び蘇りました。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する