FC2ブログ
SG-160BL(改) 修理

トゥイーター SG-160BL が修理にやって参りました。

外観の特徴から 1980年代初期?の製造品と思われます。

製造からおよそ、30数年以上を 経過してるものと思われます。

このユニット、当初 SG-160 として製造され、

後に振動板を チタン から ベリリウム に交換した

いわゆる SG-160BL(改) です。

160BL改


左右 両チャネル共に、ボイスコイルが絶縁破壊を起こした状態で

インピーダンスが大幅に低下していました。

何らかの不適切な入力によって、コイルが異常に振動、発熱し

絶縁破壊に至ってしまったものと思われます。


2台共に ボイスコイルの交換を施して修理完了致しました。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する