FC2ブログ
SG-370DX 修理
中高音ドライバーユニット 

SG-370DX が修理にやって参りました。

前回掲載記事の SG-370 (外径130mmφ)よりマグネットの

外径がひとまわり大きい 140mmφ の磁気回路のユニットです。


片方のユニットから、時々不自然な音(異音)がする?
念のために左右の2本とも点検をお願いします。と
お客さまより御依頼を頂きました。


370DX.jpg


調べてみました所、
異常をご指摘の片方のユニットは エッジのテンション不良でした。

異常なしと思われていた もう片方のユニットも、
前者程は悪くは有りませんでしたが、やはりエッジのテンションが
出荷時よりも劣化した状態でした。

両方共にエッジを修正して、無事に回復致しました。


弊社では スピーカーユニットの修理に際しましては、
異常の認められるものが片方の場合でも、出来るだけ 
左、右をペアでお預け頂け下さいますようにお勧め致しております。

今回のケースのように、片方は異常なしと思われたモノが
調べてみたら問題が有り? と言った事例は多々ございました。

また左、右をペアでお預かりする事によって、音質的な整合性も
入念に調整を致します。



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する