FC2ブログ
SG-16TT 修理
弊社 トゥイーター SG-16TT が修理にやって参りました。

片方のボイスコイルを断線させてしまったとの
お客さまからのご指摘でした。

加えて、長く使っているものなので
もう片方もチェック、ならびに再着磁をご用命頂きました。

外観の特徴から本機の最初期型と思われます。
1970年代 前半頃の製造品でしょうか?

16TT.jpg

10月4日のブログ記事に掲載したユニットと同じ頃の製造品と思われます。

http://gotounit.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

ボイスコイルの交換、エッジの修整、再着磁を施して修理完了です。

その後、お客さまから嬉しいメールを頂戴致しましたので
抜粋して掲載させて頂きました。



ゴトウユニット 様

SG16TT 修理、ありがとうございました。
古いユニットでも、修理していただき貴社の製品を長く使用していて良かったと思っています。

又、SG370 SG505TTも 順次オーバーホールお願いしたいと思っております。宜しくお願い致します。




弊社製のドライバーユニットのほとんどの製品は、
上記のような、かなり古いユニットでも修理が可能です。

また、ダイヤフラムの交換、再着磁などを施す事によって
およそ初期性能を回復する事も可能です。

お手元にちょっと古いゴトウユニットをお持ちでしたら、
是非一度お問い合わせ下さいませ。

@一部の製品につきましては、既に保守部品が終了してしまっているため
 修理不能な場合もございます。詳しくはお問い合わせ下さいませ


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する