FC2ブログ
SG-17SA 修理

大阪府東大阪市の オーディオアート さんより


かなり古い? と思われます トゥイーター SG-17SA が

修理にやって参りました。


オーディオアート さんの HP は こちら  http://goto-unit.jp/


17SA2.jpg


1970年代の製造品と推察いたします。


名板には SG-17S とだけ記して有りますが

おそらく当初は SG-17S として製造され 

現在装着されているホーンよりも大きい

2000Hz カットオフのホーンが付いていたものだと思います。


後に現在装着されている 2500Hz カットオフのホーンに交換して、

現在の形 SG-17SA に改造されたものと思われます。


弊社に持ち込まれる前に、分解、された様子が見られました。


その為か?ボイスコイルを破損させてしまったような様子で、

磁気ギャップの汚れも目立つ状態でした。


これを清掃して、ボイスコイルを交換、更にエッジの修正を施しました。

振動板に破損が無かったのが、不幸中の幸い?


今回、この一台だけが修理にやって参りましたが

ペアのもう一台の状態もちょっと心配です。



弊社では ドライバーユニットの修理に際しましては

異常、故障の有るものが片側の場合でも、

左右両方のユニットを同時に点検されることをお勧めいたしております。


特に年月を経過した古いユニットの場合、経年劣化などにより

思わぬ (気づかぬ?) 故障を起こしている場合もございます。



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する