FC2ブログ
SG-16TT 修理

大阪府東大阪市の オーディオアート さんより

トゥイーター SG-16TT が修理にやって参りました。


オーディオアート さんの HP はこちら  http://goto-unit.jp/



16TT凹3


写真は修理後のものです。


外観の特徴から、本機の初期型 

1970年代の製造品ではないかと思われます。

製造より40数年? を経過してるものと思われます。



内部には何度か修理を施した痕跡がございましたが

今回は、かなりの重傷でした。


16TT凹1



御覧の通り、片方の振動版が凹んでしまった状態でした。

何らかの不適切な入力によるものと思われます。

大きな振幅で動かされて衝突してしまったものと考えられます。


大変大がかりな修理にはなりましたが、無事に修復を終え

回復させることが出来ました。



弊社製のドライバーユニットの、ほとんどの製品は、

上記のような、かなり古いユニットでも修理が可能です。

また、ダイヤフラムの交換、再着磁などを施す事によって

およそ初期性能を回復する事も可能です。

お手元にちょっと古い GOTO UNIT をお持ちでしたら

是非一度お問い合わせ下さいませ。



 @  一部の製品につきましては、
   
    既に保守部品が終了してしまっているため

    修理が不能な場合もございます。
  
    詳しくは弊社までお問い合わせ下さいませ。



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する