FC2ブログ
SG-16TT 修理

東京都のお客様より

トゥイーター SG-16TT が修理にやって参りました。


16TTtana4.jpg


外観の特徴から 同機種の初期型のものと思われます。

1970年代 前半頃の製造品と思われます。


片側がボイスコイルが断線して音が出ない状態でした。

ボイスコイルの交換ならびにエッジの修正を施しました。


もう片側もエッジの修正を施して修理は完了いたしました。


ドライバーユニットの修理に際しましては

異常、故障の有るものが片側の場合でも、

左右両方のユニットを同時に点検されることをお勧めいたしております。


特に年月を経過した古いユニットの場合、経年劣化などにより

思わぬ (気づかぬ?) 故障を起こしている場合もございます。




スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する