FC2ブログ
SG-370-DX 修理

中高音ドライバーユニット SG-370-DX が

修理にやってまいりました。


370DXTi htta


4月2日 掲載記事の SG-370-DX-BL と

同じく 140mmφ の大型アルニコリングマグネット の磁気回路に

こちらはチタンの振動版を搭載しています。

1980年前後? その頃の製造品と思われます。


ボイスコイルが絶縁破壊を起こしてインピーダンスが低下していました。

ボイスコイルの変色が目立っていましたので

何かしらの不適切な入力により、ボイスコイルに熱が発生してしまい

絶縁破壊を起こしてしまったものと思われます。


ボイスコイルの交換、ならびにエッジテンションの修正を施して

修理は完了いたしました。


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する