FC2ブログ
SG-555FRP 修理

またしても大変古いドライバーユニットが修理にやってまいりました。

中低音ドライバーユニット SG-555F です。


555FRP.jpg


125φ アルニコリングマグネット の磁気回路に 

ジュラルミン の振動板を備えています。

1970年代 の製造品でしょうか?

当時の中低音ドライバーユニットのエントリーモデルでした。

およそ40年以上を経過したと思われるユニットです。

さすがに、全体に錆びやメッキの痛みが目立ちます。


外観の古さから、中身もちょっと心配でしたが

ボイスコイルの交換、ならびにエッジの修正を施して

修理は無事に完了しました。





弊社製のドライバーユニットの、ほとんどの製品は、

上記のような、かなり古いユニットでも修理が可能です。

また、ダイヤフラムの交換、再着磁などを施す事によって

およそ初期性能を回復する事も可能です。

お手元にちょっと古い ゴトウユニット をお持ちでしたら、

是非一度お問い合わせ下さいませ。



@ 一部の製品につきましては、既に保守部品が終了してしまっているため
  修理不能な場合もございます。詳しくは弊社までお問い合わせ下さいませ。



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する