FC2ブログ
SG-505TT 修理

山梨県甲府市の スイングオーディオ さんより

中低音ドライバーユニット

SG-505TT が修理にやって参りました。

HP はこちら https://www.swingaudio.com/


505TTswing.jpg


名板に、ダイモテープで  が追加、張り付けされてます。

当初、SG-555TT として製造され、

後に SG-505TT へと改造されたユニットです。

1980年代頃に、製造~改造をされた品では無いかと?思われます。



ボイスコイルの断線により、音が出ない状態で、エッジも不良でした。

ボイスコイル交換 ならびにエッジの修正を施して

修理は完了いたしました。



スポンサーサイト



SG-505TT

中低音ドライバーユニット SG-505TT です。


大阪府東大阪市の オーディオアート さんより 

ご用命を頂きました。

オーディオアート さんの HP は こちら  http://goto-unit.jp/



505TTFr.jpg


130mmφ アルニコリングマグネットによる磁気回路に

チタンの振動板を備えています。


弊社製品 中低音ドライバーユニット 標準機 ともいえる製品です。


フランスのお客様に 届けられます。



SG-505TT  SG-370  修理

京都府のお客様より

中低音ドライバーユニット SG-505TT

shimz505TT.jpg


中高音ドライバーユニット SG-370 


shimz370.jpg


2機種が修理にやって参りました。


どちらも 1980年代頃の製造品でしょうか?


SG-505TT はボイスコイルの修理 ならびにエッジの修正を

SG-370 はボイスコイルの交換 ならびにエッジの修正を施して

修理は無事に完了致しました。



SG-388BL 修理

栃木県のお客様より、中高音ドライバーユニット

SG-388BL が修理にやって参りました。


Fukita388BL.jpg


現在は生産されていないユニットです。


現行の中高音ドライバーユニット最上位機種 SG-3880Ti と比べて

磁気回路が少し小さくなっています。

振動版はベリリウムです。


ボイスコイルが断線して音が出ず、エッジも不良な状態でした。


ボイスコイル交換ならびにエッジの修正を施して修理は完了です。