FC2ブログ
SG-570BL 点検 修理

先日、パワーアンプ EPH-3001 EPH-3002 を

点検、修理された 岩手県のお客様より



続けて、中低音ドライバーユニット SG-570BL が

点検、修理にやって参りました。



この機会に、思い切って パワーアンプからドライバーユニットまで

まとめて 点検 修理をお願いしたい、との事で、この後にも続けて

中高音ドライバーユニット と トゥイーターもやって来る予定です。



570BL2.jpg



こちらのお客様は、中低音ホーンを ダブルスロート でお使いの為

ドライバーユニットが 4本に なります。



大型のドライバーユニットが 同時に4本も並ぶのは珍しいですね。

なかなか壮観な?眺めです。




スポンサーサイト



SG-16TT 修理

大阪府東大阪市の オーディオアート さんより

トゥイーター SG-16TT が修理にやって参りました。


オーディオアート さんの HP はこちら  http://goto-unit.jp/



16TT凹3


写真は修理後のものです。


外観の特徴から、本機の初期型 

1970年代の製造品ではないかと思われます。

製造より40数年? を経過してるものと思われます。



内部には何度か修理を施した痕跡がございましたが

今回は、かなりの重傷でした。


16TT凹1



御覧の通り、片方の振動版が凹んでしまった状態でした。

何らかの不適切な入力によるものと思われます。

大きな振幅で動かされて衝突してしまったものと考えられます。


大変大がかりな修理にはなりましたが、無事に修復を終え

回復させることが出来ました。



弊社製のドライバーユニットの、ほとんどの製品は、

上記のような、かなり古いユニットでも修理が可能です。

また、ダイヤフラムの交換、再着磁などを施す事によって

およそ初期性能を回復する事も可能です。

お手元にちょっと古い GOTO UNIT をお持ちでしたら

是非一度お問い合わせ下さいませ。



 @  一部の製品につきましては、
   
    既に保守部品が終了してしまっているため

    修理が不能な場合もございます。
  
    詳しくは弊社までお問い合わせ下さいませ。



EPH-3001  EPH-3002 点検、修理

岩手県のお客様より


パワーアンプ EPH-3001

同じく EPH-3002 が点検、修理に、やって参りました。


こちらのお客様 4WAY マルチアンプシステム でお使いの

駆動アンプですので、全部で4台の点検、修理のご依頼です。


まずは、EPH-3001 が1台 EPH-3002 が1台

送られてまいりました。


abe3001.jpg

EPH-3002の写真は撮り忘れてしまいました (失礼)




2台のメンテナンスを終えて、お客様にお送りした後に

入れかわりに EPH-3002 が2台 やって参りました。


abe3002.jpg



4台ともに 1980年代終わりから1990年代初頭 の製造品です。

およそ30年程度を経過してます。


動作には大きな問題は有りませんでしたが

出力 DCバランス アイドリング電流などの調整は

出荷時と比べてズレておりましたので、これを入念に再調整。


更に、音質の回復に効果が得られると思われます

カップリングコンデンサ、ミューティングリレー など数点のパーツを

新しいものに追加交換して修理は完了いたしました。



お客様より

   修理前よりも一皮むけたような音質に蘇りました 

との ご感想を頂戴いたしました。