FC2ブログ
超大型ドライバーユニットが勢揃い

弊社ドライバーユニット 最上位機種 3機種が揃って

点検、修理にやって参りました。



中低音ドライバーユニット SG-5880BL


okada1.jpg




中高音ドライバーユニット SG-3880BL

okada2.jpg




トゥイーター SG-188BL

okada3.jpg



これだけの 超大型ドライバーユニット 三機種が揃う事は

なかなか有りません。  壮観な眺めですね。







スポンサーサイト



SG-570BL 修理

中低音ドライバーユニット SG-570BL がやって参りました。

中古市場で 手に入れられたものとの事で

まずは 「点検を」 とのご依頼です。


570BLhotta.jpg


1980年代~90年頃の製造品ではないかと思われます。


160mmφ の 大型 アルニコリングマグネット の磁気回路に

ベリリウム振動版 を備えています。



調べてみましたところ、片側のユニットにボイスコイルの絶縁破壊が見られ

インピーダンスが低下しておりました。

これを交換して、加えてエッジの修正を施しました。


もう片側はボイスコイルが断線しておりましたが

これは交換に至るほどの損傷ではなく、修理を

加えて エッジの修正を施して修理は完了です。



ネットオークションや中古市場で手に入れられた製品に関しましては

弊社にて点検をされることを お勧め致しております。


出品者側が 「完動品」 としているものでも

残念ながらそうではないものが数多く有るのも現実です。


SG-188BL


トゥイーター SG-188BL です。

大阪府東大阪市の オーディオアート さんより

ご用命をいただきました。


HP はこちら  http://goto-unit.jp/


188BL改


現在弊社では ベリリウム振動版 を用いた製品は

製造しておりませんので、なのに何故これが出来る?

ちょっと不思議に思われるかもしれません。

 

実は、オーディオアート さんがお手持ちの 

SG-160BL の振動版をこちらの磁気回路に移植して

実現出来ました訳です。


いわば、SG-188BL 改 と言うことになります。




SG-370 修理

栃木県足利市の オーディオ専門店 エレックス さんより


中高音ドライバーユニット

SG-370 が修理にやってまいりました


370elx2.jpg


エレックス さんの HP はこちら

http://www.elex.ne.jp/ecshop/index.php?dispatch=pages.view&page_id=17



外観の特徴から、本機の初期型と思われます。

1970年代 中頃の製造品ではないかと思われます。


片側がボイスコイルの断線で、音が出ない状態でした。


ボイスコイルを交換、もう片側は幸いなことに特に問題はなく

チェックならびに再調整を施して修理は完了いたしました。