FC2ブログ
SG-06

トゥイーター SG-06 です。


大阪府東大阪市の オーディオアート さんより

ご用命をいただきました。


HP はこちら  http://goto-unit.jp/



SG-06 LA


弊社 トゥイーターのエントリー機です。

アルニコマグネット、内磁型の磁気回路に

ジュラルミンの振動版を備えています。



スポンサーサイト



SG-370 修理

東京都のお客様より

中高音ドライバーユニット SG-370 が

修理にやってまいりました。


hino3702.jpg


ちょっと、マグネットの色褪せ、磁気回路の錆が目立ちます。

はっきりした事は分かりませんが 1980年代 前半?

その頃の製造品ではないかと思われます。


このユニット、オーナー様が  「やってしまいました、、、」 との事で

hino3701.jpg


御覧のように、ボイスコイルが割れてしまった状態でした。


ボイスコイルの交換ならびにエッジ修正を施して

無事に蘇らせることが出来ました。





SG-505TT 修理

栃木県足利市の オーディオ専門店 エレックス さんより


中低音ドライバーユニット

SG-505TT が修理にやってまいりました。


505TTerex.jpg


エレックスさんの HP はこちら

http://www.elex.ne.jp/ecshop/index.php?dispatch=pages.view&page_id=17


2007年の製造品です。

こちらのユニットも 何らかの不適切な入力によるものと思われます。

ボイスコイルが絶縁破壊を起こしてしまい

インピーダンスが低下しておりました。


ボイスコイルを交換して 修理は無事に完了です。


SG-160 修理

クラフトマンオーディオ さんより

トゥイーター SG-160 が修理にやってまいりました。


craftman160.jpg



クラフトマンオーディオ さんの HP はこちら

http://craftmanaudio.web.fc2.com/
http://craftmanaudio.web.fc2.com/04listening/lstning.html


2016年の製造品です。 

何かしら?不適切な入力によるものと思われます

ボイスコイルが絶縁破壊を起こしてしまって

インピーダンスが低下しておりました。


ボイスコイルを交換して 修理は無事に完了しました。