FC2ブログ
SG-505TT SG-370 修理
4月6日の掲載記事で 

http://gotounit.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

トゥイーター SG-16TT の修理をご用命頂いたお客さまより

中低音ドライバーユニット SG-505TT

中高音ドライバーユニット SG-370 点検の御依頼を頂きました


お客さまよりメールで頂きましたご依頼、ご連絡です。


ゴトウユニット 様

こんにちは。先月、SG 16TT修理して頂きました。

SG505TT、SG370.、オーバーホール、再着磁お願いします。

SG505TT は一度もメンテナンスを受けていないと思います。

エッジの劣化が気にかかります、

なお、このユニットは1972年製造とおもわれます。

20年前に、知人より譲り受けたものです。宜しくお願いします。




1972年の製造との事で、46年を経過してます。

前川さん505

当時はまだ SG-505TT の仕様は無かったはずですので

当初 SG-555TT として製造され 

後に SG-505TT に改造されたものと思われます。


お客さまのご指摘の通り、エッジが劣化しておりました。

これを修正して 再着磁を施しました。



SG-370 もかなりの年月を経過しておりますので

ちょっと心配でしたが

前川さん370


こちらの方は特に問題はなく、点検、再調整、再着磁を施して

無事に完了です。



以下、修理完了後にお客さまより頂きました御礼のメールです


ゴトウユニット 様

SG370 SG505TT、オーバーホール、有難うございました。

早速、ユニットを取り付け、聴いてみました。

音がクリアーになったように思います。

特にツィーターは、代替えのユニットを接続していましたが

今まで聞こえなかった音が出てきました。

これで気持ちよく音楽を楽しむことができます。

有難うございました。



お客さまから頂戴致しますこうしたお言葉は
弊社にとりましても大変有り難く、また励みになります。

有り難うございました。


弊社製のドライバーユニットのほとんどの製品は、
上記のような、かなり古いユニットでも修理が可能です。

また、ダイヤフラムの交換、再着磁などを施す事によって
およそ初期性能を回復する事も可能です。

お手元にちょっと古いゴトウユニットをお持ちでしたら、
是非一度お問い合わせ下さいませ。

@一部の製品につきましては、既に保守部品が終了してしまっているため
 修理不能な場合もございます。詳しくはお問い合わせ下さいませ


スポンサーサイト



SG-370 (初期型) 虫が混入(笑)

中高音ドライバーユニット修理の記事をもう一つ

SG-370 最初期の型です。

1970年代前半の製造品と思われます。

370re.jpg

片方のユニットから 異音? 歪みっぽい音? がする
とのご指摘を頂きました。

調べてみました所、
片方のユニットに、小さな蚊のような虫の屍骸が混入しておりました
これが異音発生の原因でした。



SG-505TT SG-570 など、

中低音のドライバーユニットのイコライザー部分は
いわゆるスリット型なので、その隙間から小さな虫が混入してしまい
異音が発生した、という前例が過去には有りましたが


中高音のドライバーユニットのイコライザー部分は 
スリット型ではなく、小さな穴を連続させて加工をしたかたちです。

いったいどうやってこんな狭い所に?
こんな小さな穴をくぐり抜けて入り込んだのか?
それしか考えられません、、、

虫の写真も撮っておけば良かった。(笑)

取り除いて、清掃、左、右 両チャネル共に再調整を施しました。


SG-370DX 修理
中高音ドライバーユニット 

SG-370DX が修理にやって参りました。

前回掲載記事の SG-370 (外径130mmφ)よりマグネットの

外径がひとまわり大きい 140mmφ の磁気回路のユニットです。


片方のユニットから、時々不自然な音(異音)がする?
念のために左右の2本とも点検をお願いします。と
お客さまより御依頼を頂きました。


370DX.jpg


調べてみました所、
異常をご指摘の片方のユニットは エッジのテンション不良でした。

異常なしと思われていた もう片方のユニットも、
前者程は悪くは有りませんでしたが、やはりエッジのテンションが
出荷時よりも劣化した状態でした。

両方共にエッジを修正して、無事に回復致しました。


弊社では スピーカーユニットの修理に際しましては、
異常の認められるものが片方の場合でも、出来るだけ 
左、右をペアでお預け頂け下さいますようにお勧め致しております。

今回のケースのように、片方は異常なしと思われたモノが
調べてみたら問題が有り? と言った事例は多々ございました。

また左、右をペアでお預かりする事によって、音質的な整合性も
入念に調整を致します。



SG-370 修理
長野県のお客さまより

中高音ドライバーユニット SG-370 が修理にやって参りました

左右のユニットの音量が違う? とのお客さまよりのご指摘でした。

370.jpg


調べてみまして所、ボイスコイルのインピーダンスが大幅に低下しておりました。そのため、音圧レベルが低下してしまっていました。

何かしらの? 不適切な入力によってボイスコイルを絶縁破壊させてしまったようです。

ボイスコイルの交換ならびにエッジの修整を施して回復致しました。


お客さまより
今年2月と3月に

チャネルディバイダー EPH-4001

DSCF2775.jpg


コントロールアンプ  EPH-2002

DSCF2833.jpg


2機種を続けて、電源部アップグレード ご用命頂きました

岩手県のお客さまより、改造後の音質に付きましてのレポートが

届きましたので抜粋して掲載させて頂きました。


後藤 様

 先日来大変お世話に成りました。

AMP改造後、色々試してみました気を良くして。

報告が遅くなりましたが、チャンデバ及びコントロールAMPとの

相乗効果なのでしょうか、音質の解像度、定位等が俄然はっきり。

録音のよいものは、正に眼前さながらの演奏で、

後藤精弥さんより頂いた生録音の CDR も含め改めて、

思わず 「ハッ」 とするような聞こえ方がします。

この連休には、CD三昧に成りそうです。

それと何より驚いたのは25年以上経過したAMPの改造が可能で、

さらに音質が優秀に成る製品には、ビックリです。

大手メーカーならこのような注文は受け付けないでしょう。

今回の改造は正に当てはまると思っております。

有り難う御座いました



とても嬉しいご報告を頂きました。


おかげさまで 電源部アップグレードは 大変好評です。

ちょっと大袈裟かもしれませんが、劇的に改善します。

コントロールアンプ  EPH-2002

チャネルディバイダー EPH-4001 EPH-4002 に

対応致しております。

詳しくは下記URLのご案内をご参照下さいませ

https://blog-imgs-119.fc2.com/g/o/t/gotounit/201807201503366a3.jpg