FC2ブログ
SG-16TT   SG-06

トゥイーター SG-16TT SG-06 の2機種

長崎県諫早市の Audio-Labo 有限会社 さんより

ご用命を頂きました。 

HP はこちら http://www.audiolabo.co.jp/


Arab16TT.jpg

                 SG-16TT


Arab062.jpg

                  SG-06



同社のホームページ Facebook に早速この2機種のレポートを

アップして下さいました。 ぜひご覧下さいませ。


https://www.audiolabo.co.jp/


https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=3927152587380677&id=110778845684756

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=3929984720430797&id=110778845684756




スポンサーサイト



SG-188BL 修理


クラフトマンオーディオ さんより 

トゥイーター  SG-188BL が修理にやって参りました。


クラフトマンオーディオ さんの HP はこちら


http://craftmanaudio.web.fc2.com/
http://craftmanaudio.web.fc2.com/04listening/lstning.html



188BLcraft_20210510165050d68.jpg


弊社 トゥイーター の最上位機種です。

巨大な磁気回路に ベリリウム 振動板を備えています。


ボイスコイルの断線により音の出ない状態でした。

これを交換して 修理は無事に完了いたしました。



SG-16TT 修理

オーディオユニオン 町田店 さんより

トゥイーター SG-16TT が修理にやって参りました。


町田店の HP はこちら https://www.audiounion.jp/shop/machida.html



UNION16TT4.jpg


1980年代頃の製造品でしょうか?


中身を調べましたところ、ボイスコイルがバラバラに割れた状態でした。

何らかの不適切な入力、或いは過大な入力によるものでしょうか?

破壊されてしまった様子でした。


ボイスコイルの交換ならびにエッジの修正を施して

無事に蘇らせることが出来ました。



SG-06

トゥイーター SG-06 です。

大阪府東大阪市の オーディオアート さんより 

ご用命を頂きました。

オーディオアート さんの HP は こちら  http://goto-unit.jp/


Frns-062.jpg


弊社 トゥイーターの エントリー機です。

今回は 3ペア  6台 揃って 納品させて頂きました。


SG-17P 改 17TT 修理

クラフトマンオーディオ さんより 

かなり古い? と思われますトゥイーターが修理にやって参りました。


クラフトマンオーディオ さんの HP はこちら

http://craftmanaudio.web.fc2.com/
http://craftmanaudio.web.fc2.com/04listening/lstning.html



17P~TT


SG-17P です。


中身を調べてみたところ、振動板は チタン に交換されていましたが

クシャクシャにつぶれて穴も開いているような状態。

ボイスコイルもバラバラに壊れてしまっていました。

ダイヤフラムをそっくり交換をして修理は完了です。


写真は修理後の撮影です。 

名板には新しく TT と張りなおしましたが

その裏には SG-17P と記されています。



SG-17P は弊社の初期の頃の トゥイーター です。

恐らく、当初の製造時期は 1960年代終わり頃?

当初はアルミの振動板が搭載されていました。

その後チタン振動板に交換されたのでは無いかと思われます。


およそ半世紀を経過した古いトゥイーターですが

無事に蘇って オーナー様の元に戻って行きました。